看護師の転職理由の実態

Home »  看護師の転職理由の実態

看護師が転職する理由の第1位は「結婚・出産」とされていますが、その実態は本当の転職理由を明かせない事から言う建前なのだとか。
確かに「結婚・出産」の為に退職をするといわれれば、止めるわけにはいかないですもんね。
では、本当の理由はなんなのかというと、実は「スキルアップ」。その病棟で働いていたのではとれない資格や経験を得る為に転職するというのが多いようです。

しかし、最近の調査ではこの「転職=スキルアップ」という考えはあまり効果がないという結果が、一部分を除いて生まれてきているのだとか。
というのも、自身の技術向上に対してのスキルアップの為に転職をするという人よりも、ただ資格を取得したいというだけの「スキルアップ族」なる人達が増えてきているというのです。 確かに、資格取得が流行りだした2000年頃は、誰しもがより自分に必要な資格だけを取っていた気がします。最近では同じような名前の資格なども増えてきていますし、資格を取る事自体が楽しみで、自身の職業とは全く関係ないものにまで手を出す人多いですもんね。 好きなものをどうせなら極めたいという方や、テレビで有名になった資格に挑戦したいという方が増えた事もありますが、通信教育やWeb授業といった資格の取りやすい環境も、そういった現象の原因の1つであるといえるでしょう。

冒頭にも説明した通り転職によって資格を取得する、キャリアアップを目指すという方法は一理あります。
もし、あなたが仕事に対して忠実に資格を取得したい、経験を積みたいとおっしゃるのならば、求人情報の特に福利厚生という部分に注目しましょう。福利厚生とは、企業(もちろん病院でも)が賃金の他に与えるいわば特典をさします。 この特典の中に【資格取得支援制度】と呼ばれるものを設置している職場が増えてきています。 この制度は、その名の通り、資格取得にかかる費用(講習会費用、テキスト代、試験費用など)を全額、あるいはその一部を支払ってくれるというもの。すなわち、資格取得を目指す人を職場をあげて応援してくれているのです。

資格取得に投資した際は、確定申告時には【特定支出控除】を申請すれば、年内中にかかった税金がいくらか戻ってくる事もあるのだといいます。 微々たるものかもしれませんが、戻ってくるのは嬉しいですよね。キャリアアップを目指しての転職ならば、こういった制度なども充実しているかなどをチェックするのも大事なポイントであるといえるでしょう。
 
【資格取得支援制度】のある病院を探す際は、転職サイトを使うと簡単にみつかります。

Leave your Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です